’10 YZ250F MHP

'10 YZ250F 左
'10 YZ250F 右

MHPのYZ250F デモマシンです。

走行時に路面の形状に応じて高速で動作するサスペンションの慣性抵抗を軽減させるために足回りの軽量化を施し、モディファイされたショックアブソーバーを装備したMHPのYZ250Fは操作性と安定性に優れ、不確定要素の多いオフロード走行時でも、マシンの挙動を分かり易くライダーに伝えます。また突発的な予期せぬ挙動にライダーが対応する時、車体の重量が軽い方が有利な場合が多数を占めるため、安全性を高めるという観点からも軽量化を常に意識してパーツ選びをするということを当社はおすすめします。
MHPのYZ250Fはバネ下重量をはじめ各部を軽量化していますのでサスペンションとライダーの負担を軽減し、サスペンションモディファイによって得た摺動部の初期動作のスムーズな動きによって、路面の凹凸によるエンジンパワーのロスも軽減され、パワフルで安定したライディングが期待できます。

ビュー:RF

'10 YZ250F 右前

右前からのショット
フロントブレーキ

'10 YZ250F フロントブレーキ

ホイルクランプ部のボルトとキャリパーのマウントの取付けボルトをアルミ製に変更、キャリパーも軽量化のためフライス加工で軽量化してます。インナーローターとフローティングピンはアルミ製、アクスルシャフトもアルミ製です。
キャリパーのマウント

'10 YZ250F キャリパーマウント

キャリパーのマウントも可能な限り軽量化してフロントフォークのショック吸収時のレスポンスを上げています。

エンジン周辺

'10 YZ250F エンジン周辺

エンジン周りも軽くしたいのでエンジンマウントとジェネレータカバーをカーボン(LS社製)に仕様変更、取付けボルトはアルミ製に変更しました。エンジンマウントのボルト(アンダー)はチタンボルトです。

エンジンマウント

'10 YZ250F エンジンマウント

ノーマルのエンジンヘッドマウントに穴あけ加工して軽量化してます。三つ穴を開けました。フレーム側はアルミ製、ヘッド側はチタン製のボルトを取り付けました。

ウェットサンプ化

'10 YZ250F ウエットサンプ

パーツだけではなくオイルも軽量化しました。ウエットサンプに変更することで、オイルラインとタンクがいらなくなるので、パーツ的にも軽量化になります。

リアショック

'10 YZ250F リアショック

リザーブタンクのガス室容量を大幅に増やして熱ダレ対策しています。これはレース後半でもリアショックの性能がなるべく変わらないようにするための変更です。リアショックは当社のモディファイを施しております。

リンク

'10 YZ250F リンク

リンク部のシャフトはチタン製、ナットとワッシャーはアルミに変更しました。

リアマスターシリンダー

'10 YZ250F リアマスターシリンダー

マスターシリンダーも切削し、軽量化。ロッドのピボット部はアルミ製に変更してます。ペダルのピボット部はチタンとアルミの複合材パーツです。ステップはLS社製チタンステップ、ブラケットは当社のアルミパーツです。

リアキャリパー

'10 YZ250F リアキャリパー

バネ下重量軽量化のためキャリパーを軽量化、スライドピンもアルミ製に変更しました。アクスルシャフトのロックナットとチェーンアジャスターもアルミ製です。
アクスルシャフトはチタン製です。

リアキャリパーマウント

'10 YZ250F リアキャリパーマウント

キャリパーマウントをスタイリッシュに軽量化してます。ハブは純正品を切削し軽量化後、ハードアルマイト処理しています。

リアドライブ

'10 YZ250F リアドライブ

軽量なISA社製ファイナルスプロケットとハイグレードな耐久性を誇るEKチェーンを装備してます。
EKチェーンは耐久性と軽さを兼ね備えてます。
ハブは純正品を切削し軽量化後、ハードアルマイト処理しています。

関連記事

最新情報

プロジェクト一覧

アーカイブ

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。